NEWS & INFO

TERCEIRO(福岡)にて ラトビアの手織りのリネンラグやストールを常設展にてご覧いただきます。12/12 tue より new

VIVO,VA(神戸) にて ラトビアの作家 Laima Ceramics お取り扱いがスタートいたしました。new

伊勢丹新宿店 北欧のクリスマス物語 – Baltic Lifestyle – Folk and Modern
みなさまのご来店誠にありがとうございました。

BLOG

Kameli apartment

Thinking back to my childhood, I have fond memories of using my cup and saucer which was in the kitchen cabinet of our home.
It had hand painted brown and black lines on it and was a very plain shaped cup. I realized when I grew up that the design was really close to a Scandinavian one. And that cup and saucer which I still use till this day, brings me back to those reminiscent moments.
Finland, is a place which maintains its traditional nostalgia. There they value their own simplicity and know how to use quality things for a long time.
Because those things are made well and with care, everyday items like kitchen cloth can be used for quite some time as they get softer and soak up better with age.
And if finally they decide to get a new one, they bring that used cloth to the local second-hand shop.
When I travel through Finland, I actually see tons of used kitchen cloth at local flea markets and antique stores.
The Finnish way of valuing the goods they use, makes me appreciate how using one thing as long as we can, gives us the opportunity to then pass it down to the next generation with the message saying to use it with love and care.
Those products that were loved for a long time and used in every day life, never go out of style.
Not only that, with age they become more comfortable and the feeling grows on us that quality things are made to be used for a long time and not just thrown away after a little wear and tear.
Once you find products like these in your life which are worth keeping, you will see the difference and will value them even though they might not be at a bargain price.
Now I am truly realizing that it was worth every penny I spent on products like these.
In this way, living with just a bunch of stuff becomes living with things that have become an extension of the heart.
This way of living is directly in contrast to buying many low-quality things at discount stores and disposing of them quickly when they break or we find something new to replace them.
It is ideal to keep just the right amount of quality things that we need to be comfortable.
It is from this kind of ideal in which Kameli-Apartment would like to introduce you to quality products which could lighten up every day of your life for years to come.

幼い頃、家の食器棚にあったコーヒーセットが好きだった。ノスタルジックな雰囲気の漂う茶色と黒のラインのシンプルなデザインは、北欧のそれとよく似ていると大人になって気がついた。ハンドペイントによって丁寧に仕上げられた小さなカップ&ソーサー。それらは使うたびに懐かしい気持ちがこみ上げつつ、今も現役で活躍してくれている。

素朴でどこか懐かしさを感じる土地 フィンランドでは、台所にある布きん一枚でも永く大切に使われるといいます。質・デザインともに上質なものは毎日使っても何度洗っても、古びるどころかさらにしなやかに美しくさえなっていくからです。たとえばそれを手放すときは、次の使い手へと引き継ぐことを選びます。地元のフリーマーケットやアンティークショップには本当に使用済みの布きんが売られていたりするのです。

そうして沢山の愛情が重ねられた一枚の布きんは「モノを大事に使う」という気持ちと共に次の世代へと受け継がれていくのでしょう。

流行に流されず、長い年月の中で人々の生活に馴染み、愛されてきたもの。思いをこめてつくられた、これから愛されていくであろうものたち。生産者や作り手が丹精こめて作った道具や、この先も長い付き合いができそうな道具に触れると、私たちの五感は刺激されます。価値あるものは少しだけ値が張るものもありますが、使っているうちにその価値を肌で感じ、扱い方も丁寧になり、そしてその道具を使う喜びを味わうことができると、それは決して高すぎるものではないのかもしれません。

素材、デザイン、使い心地を考えられた暮らしに息づくプロダクトは、日常に彩りを与えるばかりでなく、つかうひとの日々を、考え方や生き方までも、違う次元へと押し上げてくれるような気がしてくるから不思議です。

モノにあふれる生活から、大切なもので心が満たされる生活。お気に入りの道具を永く大切につかう暮らし。

それは、大量消費 や 使い捨て とは逆の暮らし方。

いいものを少しだけ、必要なだけ持つということは、とても美しいことのように思います。使い心地がよくて毎日使いたい、そして毎日使うからもっと愛しくなる、そんな「暮らしを味わうプロダクト(暮らしの道具)」を、カメリ・アパートメントでお選びいただけたら幸いです。

CONTACT INFO

神戸岡本の店舗は2017年6月をもちまして店仕舞いさせていただきました。

Kameli apartment :
1846 Kuroshima, Taketomicho, Yaeyama,
Okinawa, Japan 907-1311

info@kameli-ap.com