東京出張を前に、すこしだけ黒島に戻っています。

黒島は季節が変わって秋になっていました。
風が吹いて涼しくなった黒島。今日は雨が降ったり止んだりですが、秋晴れの日はきもちのいいカラッとした空気を味わっています。

私と言えば、来週からの伊勢丹さんでの展示準備でずっとバタバタしていましたので いつの間にか気持ちまで詰まっていたのでしょう。ここでもデスクワークをしながらの日々ではあるものの、ひとつひとつの出来事からも、ちょっと、落ち着きなさいよ。と言われているかのような気分になります。

気分転換に牧場を訪ねると、ななこちゃんは生後3ヶ月が過ぎて離乳訓練に入っていました。すこし隔離されてしまってかわいそうだなぁと思いますが、立派な肉牛になるための はじめの大事な時期。心の中で応援するのみです。
不在中には、子牛が二頭も生まれたそうです。もう既に他の牛の群れと一緒に生活を始めていて、広い放牧場で気持ちよさそうに全速力で走る姿を見ました。

枠で囲われたななこちゃんの離乳エリア。柵にはスズメたちが集まってきました。
お母さんのたかこさんは人懐っこい性格で、授乳中、ずっと頭を撫でさせてくれました。
母牛は約10年、子牛で出荷される場合は10〜12ヶ月ほどこの牧場で過ごします。
あまり気持ちを入れ込みすぎると離れる時辛くなるとはわかっていても、やはり目の前ですくすくと育っていく子牛たちを見ると、それはそれはかわいいものです。

今週末には島民全員が参加の黒島小中学校の運動会が行われます。その時には、Kameli apartmentのお客様であり黒島への旅の常連さんでもあるお二人が数年ぶりに来島されると聞いていて、出張前にギリギリ会えるはず。今からとても楽しみです。