2月の半ば、島には春の訪れとともに、だっけーが遊びに来てくれました。
Kameli apartmentにご来店くださっていたお客様にはおなじみのお顔、お店を手伝ってくれていた嶽肩さんです。

それまで11月,12月,1月,2月と長い間続いていた雨でしたので黒島の色とりどりの美しさが見えなくなってきていたところでしたが、だっけーが来島する日、24度を越す暑さと、久しぶりに雲が開けた高い空に驚きました。
海にはアーサの緑が映えて、綺麗なサンゴの海も見ることができました。

民宿では関西からの別のお客さまと仲良くなっただっけー。一緒に島を巡りながら、思い思いに黒島を感じてくれていたようです。
私も夜な夜な晩御飯を終えたら民宿へと馳せ参じ、みんなで時を忘れて楽しいひと時を過ごさせていただきました。居酒屋のない島では民宿の夜のゆんたくに参加するのが居酒屋気分で楽しめる時間なのです。常連さんも多い黒島では 久しぶりに顔なじみのお客さまと会えたりもするので、まさに居酒屋さんのようです。

3日目の夜には旧正月の行事があり、私の住む集落の婦人会のお手伝いも買って出てくれました。私も初めての旧正月でしたので、二人で旅行者気分。異国のような雰囲気でしたが、楽しんでくれていたら嬉しいです。

灯台の海へ。黒島は海辺がどこも雰囲気が違うのです。

伊古桟橋では、寝転びながらふたりでいろいろな話しをしました。Kameli apartmentで選んでくださったストールが美しくとても似合っているので、いいなぁいいなぁ、私もそれ欲しかったんだよな〜という女子トーク。

牧場では ななこちゃん(メス7ヶ月)とゆりちゃん(オス10ヶ月)と戯れる二人。人見知りの二頭も、二人の笑顔にメロメロの様子。撫でて撫でて〜と寄ってきました。

「西の浜」の海。太陽の光を浴びた 美しいコバルトブルーを見ることができました。海へ向かう途中には生命力にあふれた森を通れるのも楽しいので、歩いていくのがオススメの場所。夕日の名所です。

だっけーが帰った後また雨が降り出した黒島でしたが、牛祭りも終わり出張から帰ってくると、植物が2倍に膨らんでるではないかっ!!芽吹いていたものが、ぶわっと一気に広がり始めたのです。いつの間にか新緑に包まれた島になっていました。
今からは一年で一番カラッとしていて晴れの日も多い季節がやってくるようです。