離島のクリスマスはどんなものかというと、面白いほどに静かです。島の保育園、学校や民宿などではクリスマス会があったりするので島の中に全くクリスマス感がないわけでもありません。また、一歩石垣島へ出ればどこからともなくクリスマスソングが流れてきたり、クリスマス仕様のディスプレイを見たりするので ああ、そうだったね、そろそろね。という気分にはなります。
しかしそう思うと、いかに季節の行事は周りに乗せられているかという気もします。環境によりますね。

フィンランドからは、友人の家族からの動画が送られてきました。友人の彼が扮するサンタクロースは、日本人の私から見たらもう本物!いや、フィンランドはサンタクロースのふるさと、であればまさに、かれは本場のサンタですね。ええっ!信じられない〜〜っ!と子供達がはしゃぐ様子は世界共通です。

ラトビアからは、ジンジャーブレッドとクリスマスティーが届きました。そしてシグネとヤコブからのメッセージも。ヤコブは上手な絵も一緒に!右側の絵はなんだろう?

こうして離島でのクリスマスは穏やか〜に過ぎて行きました。