image 本日で買付け前の営業が終了いたしました。夏から秋にかけてもたくさんのお客様にご来店いただき、嬉しい日々でした。ありがとうございました。また美しくて貴重な品々を持ち帰りみなさまにご覧いただけるように、頑張ってきたいと思います。

さて、昼間はまだ暑さがあるものの、季節はすっかり秋となりました。遠い昔のように感じる先月、夏やすみ中に出かけた「Kameli apartment 沖縄のお礼の旅」と題した沖縄よりもう一つのお店、パン屋水円さんのことをすこしだけ書きたいと思います。

image

伺う前からお噂はあちこちから耳にしておりましたし、当店のイベントでいただいた時のパンの味からも想像しておりましたので、多くの人々が口を揃えて仰る「素敵なお店」がどんなお店なのだろうとワクワクしていました。

そして実際に訪れてみると。。ただただ、「スイエン」という言葉を放つだけでも心がぽっとなるような、そんな場所でした。

image

室内外に香るパンの匂いはもちろんですが、木々や草の匂い、グアバの甘酸っぱい香り、建物の持つ存在感。しっとりと湿り気を含んだ夏の沖縄の空気。そしてこれまでの人生のなかで吸い込み、積み上げられてきたセンスの重なり。それらが混じり合ってできた空間は、懐かしいような、でも初めての場所のような。ドキドキの高揚感と、ずっとそこに身を潜めて見ていたいような、なんとも不思議なきもちになる魅力の空間なのでした。

image

またすぐにいける場所ではないけれど、またすぐに行きたくなるような、そんなお店。

水円さんも、誠平さんも、その途中に寄らせていただいたインディゴさんというインテリアショップも。ステキなお店がその土地その土地の環境のなかで毎日を重ねられているという事実を目の当たりにすると、ただただ尊敬と、感動とで胸がいっぱいになります。その場所を訪れ感じることができ、身が引き締まる思いでした。

真夏の2日間、時間にすればたった30時間ほどの沖縄本島の旅。心に大きな収穫を得た旅となりました。

image