3日目。雨。

雨が降るとすこしだけ涼しくなり、そのあと、ジャングルのようにもわっとした熱気がやってきました。

北風、とか南風が吹いてるね、とか、都会では気にしたこともないことですが、こちらでは、みなさん、なんだか感覚で分かるみたい。「夏はふだんは南風がふくけど、南に熱帯低気圧があるから北の空気が南に吸い込まれる。」とか、、、気象予報士の専売特許的発言を耳にすることがあります。自然と共に暮らすということは、情報は自分の五感で感じとっていくのでしょう。私にはまだまだわかりませんが。

わかるとしたら、雨の中の窓拭きはさすがに蚊の餌食だな、ということくらいでしょうか。
このお天気に自ら敵陣に乗り込むのには少し勇気が要りすぎますので、引き続き室内からの窓拭き  −  一度ふくだけで雑巾が真っ黒になる窓を拭いたことはありますか。(笑)  − と、いたるところに打たれ放置されてきた錆びた釘を抜く作業。これがまたすごい量!ひたすら抜く。スポッと抜けると気持ちいいが、中には抜けないものもあって。。。なぜこんなところに?という釘も。

この日は朝、牧場でハンモックを揺らしていて乗っていた人がわたしの足に落ちてくる、というハプニングがあったため、大事をとって2時間で終了。

3日目ともなると、カーテンや物影から飛び出す虫たちなどにびっくりしないようにあらかじめ用心したり、心構えをしてから事に当たるようにしたため、びっくりしたなぁ〜もー!の数は0回でした。

移住して10日目。そろそろ異国の緊張疲れもでてくる時期かな。荷物がほぼ揃い、ようやく神戸から持参したコーヒー豆をハンドドリップして飲めるようになりました。ほっと一息。

この日取り除いた釘やネジたち。このあと倍以上の数に膨れ上がるということは、この時はまだ見えていなかった。
この釘は配線が下がってこないようにしているのかな、ってわかるけど、、、
これは何のために? そんな釘も多い。