内地が夏ですよ〜 暑いですよ〜〜 というニュースが入ってきていますが、みなさんはいかがお過ごしですか。

 

 

買付の話題ばかりですが島の暮らしも進行中。

帰ってきてからは、T牧場の倉庫を思い切って掃除!倉庫の内部は、牧場で使う道具だけでなくもう使うことができない粗大ゴミやら産業廃棄物やら、何から何まで、があふれていました。
それを思い切って掃除!

台風の度に外に投げ出され、そのまま自然の力で覆われていた土と草に埋まった鉄やらタイヤやらゴミやらなんやらを掘り返し始めたのは確か今年の春のこと。
嘘でしょうというくらいのゴミの量を掘り起こしました。掘り起こすというと、「臭いものに蓋」をしているものをわざわざ掘り返しているようですが、表面に盛られたゴミを拾っていくと、さらにその奥、その周りにもどんどん出現してくるのです。だからただ拾っているだけでは済まない。
草に覆われた地面を一見しただけではあまりわからないのですが、ヤギや馬が放たれる場所にまでゴミがたくさん埋まっているのでとても気になっていました。
一体どれだけの時間埋まっていたのでしょうか。美しい自然の中にいるのにも関わらずゴミばかりに目が行くのはとても辛いことでもありました。

そして買付後、いよいよ本丸である倉庫の内部に手をつけたのです。
壁側にはT氏の電気関係の道具、牛や牧場で使う道具、機械修理や建物修理で使う材料などを仕分けして整理整頓しました。
釣り道具などの趣味のコーナー、島の伝統を語り継ぐためにとっておきたい古道具の保管スペース、そしていつの日か収集してもらえる日を夢見て、粗大ゴミは粗大ゴミで整理整頓。
産業廃棄物となる鉄のかけらなどは今後まとめて石垣島の処理施設に自分たちで運ぶため、トン袋と呼ばれる巨大な袋に入れていきます。人が5人は余裕で入りそうです。

暑いので、何時間も続けて作業はできません。だいたい毎日1〜2時間が限度。アレルギー対策のため、帽子、マスク、メガネに軍手。長袖長ズボンに長靴。全身フル装備で臨みます。そして滴る汗がもう拭いきれず、だんだん目が開けられなくなってきたら潮時です。

なんでこんなものまであるの?!とか、私は一体、何のため、誰の為にやっているの?!なんて考え出してはいけません。ふと思ったら、「ご先祖様に喜んでもらえたら幸せ」と菩薩の笑みを心がけます。

 

そしてその結果!

倉庫は見違えるような綺麗な空間に。。。!
もちろん倉庫は倉庫なので、舐めまわせるほど綺麗ではありません。ただ整理整頓ができただけです。両壁に物が整い、いきたい場所へ歩けるスペースができたのです。土埃臭さをとったのです。ネズミたちや虫の住処が少し減りました。
ただ以前があまりにも酷かったので、私としてはもうまるで別世界。
T氏が腹筋を鍛えるかもしれない?ジムスペースと喫茶スペースまでできました。
ご先祖様が喜んでくださっているかどうかはさておき、私がいちばん大喜びです。これで少しは良い気が入ってきそうです。願望。

 

ということで、ひと段落もつかの間。
その後も買付前から手がけておりますキッチンの壁造作を再スタートさせています。

柱のないタイルとコンクリートの壁に板を張り巡らして、買付前までには壁らしい壁ができてホッとしました。しかし防湿なども全く行っていないため、どれくらいの間 もってくれるかはわかりません。作業が終わった後で良さそうな建材を発見し、「こんないい素材があったのか」と思ったり。今はとりあえず、少しずつでもアリの侵入経路を狭め、気持ちよく過ごせるように、、、できることから前進あるのみ。。

貼り終えてからは壁の仕上げに悩んでいますが、実験しながらやってみましょう。
シナベニヤの綺麗な状態も好きですが、キッチンなので汚れがつくのは時間の問題。ガス周りなどの処理も考えなければなりません。
色々と試しながら、重ねていくのもいいかな。なんて思います。イメージがありながらもその時の気分を大事に、実験実験です。フランスで色を楽しむインテリアも学んできました。怖がらずに実験実験、と自分に言い聞かせて。

 

 

それから、家の隣の倉庫も日々少しずつですが前に進んでいます。
もう私の手には負えない、と、一度は手放すつもりでいたのですが、T氏の一言「諦めるのはまだ早いんじゃない?」という正気とは思えない発言。倉庫の件では私がどんなにか泣き言を言い、その度に当たられてきたのは彼です。そしてなんと買付中には私が捨てきれなかった結構な量のゴミを捨ててくれていたのです。
「火をつけたのはあなたよ。」
そう心に呟きながらのこちらも再スタートです。

この倉庫は牧場の倉庫よりも狭い狭い空間に土埃や虫、朽ちたものが多いので、一つ一つをよけたり動かす度に何かが出現するので絶叫覚悟です。すでに絶叫も慣れたものですが。
いちばん厄介なのは、作業した次の日のアレルギー反応。鼻水、目のかゆみ、指先のかゆみが止まりません。そのため、マスクは工事現場などで使われるゴムが二重のものを使用しています。(匙屋あつしさん推奨品)

命を削って、私は一体、何のために。。。

考え出したらあかんあかん。(菩薩。)

 

それにしても、自然の中にいると葉っぱが揺れる影を見れるだけでホッと一息、癒されるものです。ここで本物の笑みがこぼれますね。