先日は、Gallery KEIAN  把瑠都の籠 展にお邪魔しました。

初日から、閑静な住宅街のなかにぽつんとあるギャラリーを目指し朝からぞくぞくとご来店いただき、わたしも短い滞在ながら楽しいひと時を過ごさせていただきました。

お越しいただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

文京区の植物園横にある住宅の一角。都心であるもののゆーったりとした時を過ごせる場所で、お天気の良い日は中庭でもお楽しみいただけます。

建築家、岸和郎さんの建物だそうで、その建築の中で過ごすことができるのも楽しかったのですが、驚くことに、久しぶりにお目にかかることができたお客様のお一人が、なんと岸先生の教え子とのこと!

なんという偶然というか、こちらに引き寄せられるのも必然だったのでしょうか。。驚きました。

 

把瑠都の籠展

バルト三国をはじめ、北欧の手仕事を一堂にご覧いただけます。今週末まで開催です。ぜひお近くにお越しの際は遊びにいらしてください。