blog_import_55603b355c48b
Finland, 2014.7

神様なんていないと思う日もあれば、神様ありがとう!っていう日もある。
自分で今をコントロールしているつもりが、今日何が起こるかわからない、というのもまた現実。

歩ける、笑える、目が見える、

それがこんなにも嬉しいという気持ち。
それ自体が自分の中にいる神様なのかもしれない。

会いたい人と過ごした時間や、その後の重低音のように心に響くじんわりとした喜びのおかげで
今日もまた神様とともに生きている。