いよいよ今週末に迫ってまいりました、sajiya studio でのKameli apartment exhibition。
品々は全てお送りし、今日からsajiya studioでは加代さんが設営をしてくださっています。その数およそ300点!圧巻の品数です。どれもこれもがじっくりと見入ってしまいそうなものばかりです。

 

お取り扱いさせていただいている商品たちの中には本当に貴重な手仕事が沢山ありますが、時々、この道具たちは美術館のガラス張りに入る以前のものたち、だと思う時があります。
美術館のガラス張りのなかでは決して手に取れませんが、これらは使って使って育ったものが、いつか美術館に「100年使ったリネンのタオル」なんて展示されたりして。

日本にもたくさんの世界に誇れる手仕事がありますが、人件費や素材の価格の上昇とともにそれらの道具を手にして普通に使うということは、ごく限られた人や場所のものとなってきています。ラトビアやリトアニアでも同じような現象が起こるだろうと言われています。手に取れる価格帯での手仕事の品は、いづれなくなっていくだろうという予測もしています。

 

 

こうして展示会を企画してくださるおかげで、お店の方々やお客様ともそんなお話ししたりすることができると、いつも色々な感謝が沸き上がり、喜びを感じるのです。

 

この時代に、手で作られるその貴重な手仕事を分けていただいていることの感謝。
それをみなさまに見ていただける喜び。
さらに、仕入れさせていただいているリネンや手織りの製品を使っていて、日々のなかに感じる幸せ。ただモノを消費しているという感覚ではなく、これとともに暮らす。という感覚。

そんなことを思いながら展示会の準備をできる瞬間が、私にとっては幸せであり、なんとも貴重な時間です。

岡山にお住いの、初めてご覧いただくみなさまにも手にとっていただきたい。
そして神戸や他の地域からお越しの、この美しさにすでに魅了されているみなさまにもぜひゆっくりとご覧いただきたい。。一期一会の出会いを思うと、心からワクワクします。

圧巻の品数だけでなく、じっくりとご覧いただける貴重な機会です。ぜひ、会期中、足をお運びいただけましたら嬉しいです。