seenatbroken今日は第2水曜日オープンの日。雨が降ったりやんだりの一日はとてもゆっくりした店内でした。配送会社の方々・・・ご苦労様です、と心の中でつぶやきながら、私は来週から始まる翁硝子さんのイベント準備をしつつ、年末に教えてもらいながら見よう見真似でさせていただいていた金継ぎの続きをすこしやりました。フィンランドから折角届いた器の中にも残念ながら壊れていたものもあり、新たに修復したいものも増えてしまいました。

漆を塗り塗り。漆がけっこう不思議な匂いがするのを、年末は笑いながらの、あっという間の楽しい時間だったのを思い出して、次のステップに上がるという名目で早くまた教えてもらいたいとうずうずしているのです。

しかし、「塗り」とつくからなのでしょうか、作業をしながらだと、ただ黙々と集中したり、時には深い話になっていったりとなんだかペンキ塗りに通づるところがあるような気がします。