blog_import_55603adbe1859今年も、木製道具のメンテナンスウィーク、やります。
磨いて、オイルを塗って、乾燥させる。

木製の道具はこのメンテナンスによってより長く使うことができ、さらに愛着がわいていくように感じます。
水周りで使うカッティングボードやカトラリーなどはこまめに手入れしているかたも多いかもしれませんが、乾燥が目立ちにくい白樺のバスケットや 木製のブラシ類は、年に一度のオイルのメンテナンスが望ましい道具だといわれつつもこの簡単な3つのステップになかなか手がのびず、「やるぞ!」と気合を入 れないとついつい放ったまま あっというまに一年は経ってしまうというかたも少なくないのではないでしょうか。
そこで、2/6(土)~2/13(土)までの6日間、今年もメンテナンスウィークとしてKameli apartmentのギャラリースペースを開放いたします。
この機会にご自宅で活躍中(もしくは休憩中?)の木製製品をメンテナンスしてあげましょう。
Kameli apartmentでご購入いただいたもの以外の製品でも構いません。

オイルメンテナンスしたい道具たち
・白樺バスケット
・木製のトレイ、カッティングボード、コップ、お皿、バターナイフ、カトラリーなど
・木製のブラシ (Iris Hantverk のブラシ類など。無塗装または植物性のオイル塗装のものであれば他メーカーも可。)

店内のギャラリースペースに、簡単なメンテナンス道具一式(ウエス、タオル、オリーブオイル、家具用天然オイル、紙やすりなど)をご用意いたします。
ご自宅で使用中のオイルや、荏油(エゴマオイル)、亜麻仁 油などのオイル(特に松本寛司さんの作品に)をご利用になられる場合はご持参くださいませ。
毎日ご自宅で活躍中の木製の道具、乾燥してシロっぽくなってきてはいませんでしょうか。無塗装の木製道具は、乾燥がすすむと割れやすくなったり、水や汚れがしみこみやすくなってしまいます。
ご自身の道具をご自身で磨き、メンテナンスをたのしむ機会にしていただけたら幸いです。

 
メンテナンスをしたことがない方、初めてで不安なお客さまには、期間中にメンテナンスの簡単なご説明もさせていただきますのでお気軽にご来店ください。(店頭を優先させていただいておりますため、メール等でのお問い合わせには対応に時間を頂戴する可能性がございますのであらかじめご了承くださいませ。)
 
※補修が必要な場合、またウレタン塗装などの自然素材以外の塗装ものなどは、その場でお手入れできない可能性がございます。
 
※また期間中、作り手の方に補修をおねがいしたいものや、ご相談したいものなども拝見させていただきますので、現物をお持ちくださいませ。補修ができないものや有料にて承るものに関しては別途ご相談とさせていただきます。

●メンテナンスウィーク  2/6(土)~2/13(土)
メンテナンスウィーク中はお好きな時間にご自由に道具をつかっていただけますので、ケアをしたい製品をお持ちになって ぜひお気軽に体験してみてください。道具のみご使用のかたは、営業時間内にいつでもご利用いただけます。
営業時間 木~土/12:30~18:00  日/ 11:00~18:00