先日、ひさしぶりにビンテージグラスのブログを書きました。こちらも手にとって磨いているだけでうっとりするプロダクトのひとつ、Kaj Frank カイ・フランクデザインのトランペットグラスシリーズです。
フィンランドの巨匠 カイ・フランクがデザインし1950年代から10年弱生産されました。こちらもモダンなデザインとミッドセンチュリーな色味がとっても美しい。
トランペットのベルの部分のようにうっすらと上品に広がる形。希少価値もあり観賞用になりがちですが、この時代の手工業製品の使い心地のよさはそれはそれは素晴らしいものがあります。
薄いつくりで繊細でありながら、口当たりもよく、道具としての価値も高い製品。当時の職人の技術の高さに驚かされます。
使用感もほぼなく、とてもいいコンディションの一品です。
Kaj Franck Trampet Mid-Century Drinking Glasses by Nuutajarvi Nottsjo Finland