yutaの真鍮の作品が数点入ってきております。

先日、滋賀の農園で作られたという無農薬のブルーベリージャムをいただきました。
皮がそのまま使われているのですが、それ以外の邪魔なものが一切含まれておらず、果実100%のうまみがします。
パンは、神戸の北野にある「サマーシュ」さんのパンです。

匙屋の匙でジャムをたっぷり。
・・・欲張りすぎ?
贅沢です。

yutaの生活道具は和にも洋にも合うなぁとしみじみ思います。
こちらも同じ農園で採れた栗を使った渋皮煮。
ほんのりラムの香りがしています。
ほおばると、ほろほろととけていく感じ・・・。上品な中にも、自然の素朴さを感じる味です。
お父様が開拓された土地にそだてられたという栗やベリーの木。今度はそれを娘さんが大事に収穫し、お菓子にする。家族のストーリーが内側に詰まったあたたかな食材は、それをいただく私たちまでも幸せにしてくれるのだなぁとつくづく感じます。