image

ラトビアでは、誕生日の他に、名前の日を祝うという習慣があります。以前、「明日は幼稚園の先生の名前の日だ」と言ってマーケットへ花束を買いにでかけたことがありました。

誰が振り分けたのでしょうね。名前が365日に振り分けられています。新しい名前も、その人口が増えてくると割り当てられるようです。まだ名前の日がない名前をもつひとたちは「これら以外の名前の日」というのがあるのだそう。

ちなみに、逆バージョンで私の誕生日の名前はなにかと見てみると、Irma、 Mirga とあります。イルマとミルガの日、どちらも女性の名前でした。