本日も快晴!
しかし実は昨日の午後はすごい雷が鳴り雨も大量に降ったので、気温はだいぶ落ち着きました。
が、楽しみにしていたアイスは、食べます。
この国はまだまだ物価が安く、ものはさほど日本と変わらないのですが食べ物はかなり驚きます。スーパーではいつも、え?これだけでいいの⁉︎と心配になる程。
レストランでも、スープ、メイン、食後のコーヒーまでいただいて、ある日の昼ごはんは600円!
このアイスは観光者向けなので、少し高め?の160円でした。



小さなギャラリーをみつけました。
相手が50代をすぎるとめっきり英語が通じなくなるのですが、美しいものには言葉はいらないのでしょうか。。全然会話になっていないはずなのですがなぜだか意味がわかるような気になるから面白いです。

川と緑がすぐそばにあり、石畳みのボコボコした道路の上を車や人が通るのをみているとなんだかほっとします。
疲れたの川岸ですこし休憩。
水辺では、鳥も蝶々も緑もイキイキしているようです。
私はいつも重たい荷物をぶら下げているなぁと、ふと、おもったりして。



さて、午後からはリネンのお店ユーラテへ。今日は前日に選んでいた商品を引取りに伺いました。

ここはショールームと工房も兼ねていて、職人さんが昔からの製法で布を織る姿が間近でみることができます。
職人さんのSilviaはピクニック用のラグマットを制作中。
前回の買付けでいただいた手織りのラグも、彼女の作品です。今回も仕入れさせていただきましたので、ぜひその美しさをカメリ・アパートメントでご覧ください。

こちらは新作のプレイスマットとテーブルクロスを制作中の織り機。この織るまえの準備工程がとても重要で、頭で考えながら間違えないように気をつかうのよ、とSilvia。

ベテラン職人のReginaはこんなすてきなタオルを編んでいます。手にとると、本当に柔らかくて美しい。

ここユーラテでは、手織りの商品には直筆の産地証明書がつけられます。
誰が、いつ織ったのかがわかるのです。


小さなハンドメイドの袋もかわいい。
お店中に充満しているリネンの香り。
この香りがすきです。